勝負師 生態研究@侍‐ジャポン

相撲、野球、五輪、将棋など「現代の侍」「勝負師」たちの "ホンマでっか !?” な逸話集

北村 久寿雄(水泳)ロサンゼルス五輪

日本金メダル物語(8)

1932年ロサンゼルス大会

水泳・男子1500m自由形
北村 久寿雄

 日本水泳陣最年長28歳の鶴田義行が200m平泳ぎで五輪連覇を成し遂げてから約20分後。男子の最終種目1500m自由形決勝で、今度は14歳309日の北村久寿雄高知商)が世界を驚かせた。

日本男子史上最年少14歳での快挙

 序盤から北村と17歳の牧野正蔵が激しい先頭争いを繰り広げ、中盤までに他選手との間には完全に水が開く。2人のデッドヒートは1200mまで続いた。

f:id:syobushi:20200105130805p:plain

 残り300m。ついに北村が先頭に立つと、そのまま19分12秒4でゴール。従来の記録を40秒近く縮める五輪新記録で、記録員が「ストップウオッチが壊れた」と思ったという逸話が残っている。

 この北村の記録は今も残る男子競泳金メダリストの最年少記録だ。

 「優勝だ、と聞かされても、まるで人ごとのような感じしかしなかった。やたら目が痛くて、こすったことだけをはっきり覚えている」と後年、当時を振り返っていた。96年、78歳で没。

 日本水泳陣はこの大会、男子6種目で金5・銀4・銅2(ほかに女子200m平泳ぎで前畑秀子が銀メダル)。満州事変直後で反日感情が激しい中、詰めかけた2000人を超す邦人を熱狂させた。

 地元ロサンゼルス・タイムズ紙は「アメリカの頭痛の種は、日本軍の満州侵略より、日本の水泳が強くなったこと」と報じた。

samurai-japon.hatenablog.com

samurai-japon.hatenablog.com 

samurai-japon.hatenablog.com

samurai-japon.hatenablog.com
samurai-japon.hatenablog.com

samurai-japon.hatenablog.com